『鎌倉殿の13人』6話のあらすじをネタバレ!「頼朝と梶原景時の運命の出会いとは?」みどころと感想

鎌倉殿の13人6話アイキャッチ画像エンタメ

2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第5話は、北条家の女子供は伊豆山権現に避難、石橋山の戦いで頼朝軍は大敗、そして、伊東祐親の命により宗時が殺されました。

今回は、『鎌倉殿の13人』6話のあらすじをネタバレ!「頼朝と梶原景時との運命の出会いとは?」見どころとファンの評判は?と題してお届けします。

6話は、頼朝にとってドラマティックな展開があります。
それは、ひとつ間違えば歴史がガラリと変わってしまう出来事です。

どうぞ、お楽しみください!

れい
れい

こちらの記事で以下のことが分かりますので、是非最後までご覧ください。

  • 6話のあらすじをネタバレ
  • 見どころと感想

『鎌倉殿の13人』6話のあらすじをネタバレ!

『鎌倉殿の13人』5話あらすじをネタバレ!「頼朝の衝撃の所信表明と北条宗時の最期」見どころとファンの評判とは?

 

『鎌倉殿の13人』5話は、雨が続いたために川が増水し三浦義村みうらよしむら(山本耕史さん)の援軍が来なかったことと、政時(坂東彌十郎さん)が大庭景時おおばかげとき(國村隼さん)の挑発に乗ってしまい、頼朝軍は大敗しました。

そして、頼朝(大泉洋さん)の御本尊を北条館に取りに行った先で、宗時(片岡愛之助さん)が善児(梶原善さん)に殺されてしまいました。

宗時は、誰よりも頼朝の決起と、弟の義時(小栗旬さん)だけに明かした坂東武者ばんどうむしゃの世、そのトップに北条が立つ、という切なる野望があったのです。

『鎌倉殿の13人』6話のストーリー展開は次の通りです。

6話のストーリー展開
  • 頼朝と梶原景時の運命的な出会い
  • 八重の悲しみ
  • 大庭館での首実験
  • 坂東武者の一致団結と政時が宗時の死を悟る
  • 頼朝の決意

 

れい
れい

こちらの記事は、『鎌倉殿の13人』公式ガイドブックを元にまとめています。

鎌倉殿の13人 前編 (NHK大河ドラマガイド) [ 三谷 幸喜 ]

スポンサーリンク

6話あらすじ①頼朝と梶原景時の運命の出会い

 

大庭景親の命で、梶原景時は数人の兵と共に頼朝を探しています。

 

こちらが梶原景時かじわらかげとき(中村獅童さん)です。

岩場の洞窟に隠れている大鎧おおよろいの頼朝を見つけ、ふたりは目が合い見つめ合いますが、そのまま景時は黙って立ち去りました。
ほかの兵は頼朝には気づいていなかったのです。

土肥実平どひ さねひらが、見逃してくれたのは梶原景時だったと告げ、頼朝はその名を記憶にとどめました。

 

こちらが土肥 実平です。

 

土肥実平は4話で頼朝に「実はおまえだけが頼りだ」と言われ感激した方ですよ。

 

その頃、北条時政と義時父子は、武田信義たけだ のぶよしの元を訪ね頼朝への力添えを頼んでいました。

 

こちらが八嶋智人さん演じる武田信義です。

 

 

鎌倉殿の13人の武田信義

鎌倉殿の13人の武田信義

画像引用:Instagram

 

信義は、真の源氏の棟梁は自分であるから、と頼朝への援軍は断りましたが北条への援軍なら出す、その代わりに法皇様の院宣が欲しい、と条件を出しました。

院宣いんぜんとは、平安時代以来の文書の様式の一つで、上皇や法皇の仰せをうけて院司の一人が奉者となって書かれる文書の一種です。

 

  • 頼朝の援軍は断るが北条への援軍は出す
  • 法皇様の院宣を要求

 

義時は、頼朝の大願成就を支えたい、と

「私は覚悟がありますので佐殿のところへ戻ります」と告げて、時政と共に相模湾の浜辺に出るとそこには三浦義村と数人の兵と舟が見えました。

三浦軍は川を渡れず、遭遇した敵と戦い行方の分からない頼朝を待っていた、と言います。

そして、義村の父、義澄は安房あわの安西景益の所へ体制を立て直すために向かったのでした。

義時は、佐殿すけどのを連れてくるから、と駆け出しました。

この間、頼朝と実平は脱出を試みますが徒労に終わり疲れているところに義時が現れ、浜で舟が待っていると告げます。

鎌倉殿の13人の頼朝が浜へ逃げる

画像引用:Instagram

しかし、浜では時政と義村は伊東の襲撃を受けたため舟で安房へ逃げた後でした。

スポンサーリンク

6話あらすじ②八重の悲しみ

八重の悲しみ

八重の悲しみ

画像引用:マイナビニュース

 

伊豆山権現では、北条の女子供が非難しているところへ八重が訪ねてきます。

政子たちに挨拶をして、文陽坊覚淵もんようぼう・かくえんに千鶴丸に会わせて欲しいと頼みに来たのでした。

過日、父、伊東祐親より千鶴丸は伊豆山権現に出家させた、と言われていたからです。

文陽坊覚淵は五輪塔が立つ墓地に案内します。
八重は、千鶴丸の墓をさすりながら泣き崩れました。

悲しい対面でした。

6話あらすじ➂大庭館での首実検

さて、大庭館では討ち取った武士の首実験が行われました。

伊東祐親の息子で八重の兄の佑清すけきよ(竹財輝之助さん)は宗時の首をみつけ、肩を落とします。

 

大庭景時は、頼朝に加担する三浦勢をたたこうと畠山重忠(中川大志さん)に三浦の本拠地の衣笠城攻めを命じます。

畠山重忠を演じるのは中川大志さんです

鎌倉殿の13人畠山重忠(はたけやま・しげただ)中川大志 

鎌倉殿の13人畠山重忠(はたけやま・しげただ)中川大志

画像引用:マイナビニュース

 

かわせみさん
かわせみさん

auのCMの時とはエライ違いで凛々しいですね(≧▽≦)

スポンサーリンク

6話あらすじ④坂東武者の一致団結と時政が宗時の死を悟る

戦中の義時

画像引用:マイナビニュース

 

一方、頼朝と義時は、真鶴まで歩き、土肥実平の手配の小舟で安房あわに到着し、時政や義村と合流します。

安西景益あんざい かげますは歓待し頼朝を休ませます。

 

安西景益あんざい かげますは(猪野 学さん)はこの方ですよ。

画像引用:NHK公式サイト

 

広間には坂東武者が一堂に会し、石橋山で別れたまま連絡のない宗時の消息を尋ねます。

そこへ、三浦義澄と和田義盛が疲れた顔でやってきて衣笠城が落ちたことを知らせます。

義澄の父、義明は城を枕に討ち死にする決意で義澄らを落ち延びさせた、と。

義村は、頼朝と心中する気はない、坂東武者としての戦をしようと盛り上がります。

 

れい
れい

ここで改めて坂東武者のことをご紹介しましょう。

坂東武者(ばんどうむしゃ)とは?
現在の関東地方に本拠地があった武士。
桓武天皇の子孫・高望王(たかもちおう)が平朝臣(たいらあそん)の姓を賜り、上総介(かずさのすけ)として下向し、子孫が各地の有力武士となった。
また、平将門を追討した藤原秀郷(ひでさと)の子孫も各地で勢力を誇った。

引用元:「鎌倉殿の13人」ガイドブックより

そこへ

仁田忠常にったただつね(ティモンディ高岸宏行さん)が遅れてやってきて、頼朝の御本尊の観音像を差し出します。

こちらが仁田忠常を演じる、いつもステキな笑顔で元気なティモンディ高岸宏行さんです。

 

仁田忠常は敵から逃げて北条館に隠れていた時に見つけ出したと言います。

頼朝の御本尊の観音像を悲痛な面持ちで眺める義時

画像引用:ザテレビジョン

 

時政は、岩場から海の彼方の伊豆を眺めながら、宗時の死を察します。

時政と義時が伊豆が見える浜で話す

画像引用:ザテレビジョン

そして、「これからは、お前が北条を引っ張っていくんだ」と義時に告げました。

スポンサーリンク

6話あらすじ④頼朝の決意

画像引用:ザテレビジョン

 

翌朝、頼朝は「もう戦はやらぬ」と沈痛な面持ちで言います。

義時は、懸命に石橋山で戦死した兵たちや兄、宗時の無念をくんでほしいと訴えます。

平家の横暴に耐えてきた者たちの不満がひとつの塊になろうとしている。佐殿がおられなくても我らは戦を続ける、坂東から平家の一味を追い出す、という義時の気迫に頼朝の士気が蘇ります。

そして、一同が集まる広間で再起を告げ、目途めどを問います。

すると、三浦義澄が打てば響くように、千葉常胤ちば つねたね上総広常かずさ ひろつねに書状を送ったと、応じ、交渉役に義時と和田義盛わだ よしもりが任命されました。

…7話に続きます。

7話を読む   5話を読む

 

『鎌倉殿の13人』6話の見どころと感想

第6話の見どころ

  • 頼朝を見逃してくれた梶原景時との縁
  • 八重の悲しみ
  • 坂東武者の一致団結と義時の気迫

 

梶原景時は、なぜ頼朝を見逃してくれたのでしょうか。

これは、頼朝と景時の運命的な出会いというほかはありません。

この時に、景時が捕えていれば日本の歴史は大きく変わっていたことでしょう。

頼朝は景時の名前を憶えていて、のちに「鎌倉殿の13人」のうちの一人の御家人になります。

そして、八重。

我が子は伊豆山権現に出家したものと信じていた八重が、千鶴丸のお墓に案内され墓石をなでながら泣いた、という母としての悲しみ。
同じように子どもを持つ母として、胸が痛みました。

とかく、女子供がまつりごとや戦に巻き込まれます。

当時、即位された平清盛の孫の安徳天皇も、のちの源平合戦の最期の戦場、壇ノ浦の戦いでわずか6才で祖母とともに入水して亡くなります。

悲しみといえば、宗時の死を察した政時も海の向こうの伊豆に思いをはせながら悲しみに浸ります。

時政と義時親子の夕暮れの、逆光のシチュエーション、葉の無い木の寂しさが何とも切なさを募りました。

父の切なる言葉です。

 

一方、三浦義澄、義村父子をはじめ、坂東武者は戦に負けても一致団結します。

頼朝は戦はしたくない、とまた揺れますが、義時は佐殿がおられなくても我らは戦う、と坂東武者としての誇りを気迫をもって示します。

その姿に頼朝は又、士気が蘇ります。

来週は、坂東武者でも有力なあの方が登場されますよ。
その方が味方に付くか否かで勝敗が決まるほどの豪族です。

どうぞ、来週もお楽しみに。

 

れい
れい

それにしても、法皇様はこの度は堂々と出てこられましたね。(≧▽≦)

スポンサーリンク

SNSの感想

れい
れい

【鎌倉殿の13人】を観られたファンの人たちの評判をご紹介します。

 

素晴らしい解説絵です!

 

「25里}が続きましたね。頼朝の顔がなんともコミカル(;^ω^)

 

そうですね。頼朝とは相容れぬ秘密の目標ですよね。

 


「チベットスナギツネ」そっくりの小栗旬様です(≧▽≦)

 

今回は明るいうちに堂々と出てこられましたね(≧▽≦)

 

八重の悲しさが映像を通して伝わりました。

スポンサーリンク

『鎌倉殿の13人』放送日

NHK総合『鎌倉殿の13人』リアルタイム放送
毎週日曜日午後8時~午後8時45分

NHKBSプレミアム4K『鎌倉殿の13人』リアルタイム放送
毎週日曜日午後6時~午後6時45分

NHK総合『鎌倉殿の13人』再放送時間
毎週土曜日午後1時05分~午後1時50分

 

さいごに

6話は、悲しい物語でした。

八重と政子が頼朝が夢枕に立った張り合わせ、笑わせてから、千鶴丸の死を知る展開がより涙を誘いました。

さすが、三谷幸喜さんですね。

宗時の死も、状況から察するしかない切なさ…

でも、そこから義時が覚悟を決めて腹をくくる展開。

次週が楽しみです。

 

以下に『鎌倉殿の13人』の関連記事をご紹介しておりますので是非併せてご覧ください。

 

・『鎌倉殿の13人』の撮影場所となったロケ地情報
・『鎌倉殿の13人』65人の登場人物のキャスト相関図
・『第1回』からのあらすじネタバレ記事

「更新あり」『鎌倉殿の13人』の登場人物65人のキャスト相関図と13人の覚え方

 

 

『鎌倉殿の13人』各回のあらすじはこちら

公式タイトル放送日
第1回「大いなる小競り合い」1月9日
第2回「佐殿の腹」1月16日
第3回「挙兵は慎重に」1月23日
第4回「矢のゆくえ」1月30日
第5回「兄との約束」2月6日
第6回「悪い知らせ]2月13日
第7回「敵か、あるいは」2月20日
第8回「いざ、鎌倉」2月27日
第9回「決戦前夜」3月6日
第10回「根拠なき自信」3月13日
第11回「許されざる嘘」3月20日
第12回「亀の前事件」3月27日
第13回「幼なじみの絆」4月6日
第14回「都の義仲」4月10日
第15回「足固めの儀式」4月17日
第16回「伝説の幕開け」4月24日
第17回「助命と宿命」5月1日
第18回タイトル未発表5月8日
第19回タイトル未発表5月15日
第20回タイトル未発表5月22日

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました