神社仏閣

スポンサーリンク
季節の行事

京都【三室戸寺】紫陽花だけじゃない10の魅力と2022年春に開園する新たな見どころも!

京都宇治市の三室戸寺は、全国でも有名な『花の寺』です。紫陽花の名所としても特に名高く「あじさい園」には西洋アジサイはもちろんのこと、額アジサイや柏葉アジサイなど約50種、珍しい七段花の他、2万株の紫陽花が初夏の境内を彩ります。ですが、三室戸寺は紫陽花だけではありません。2022年の春、新たな見どころが誕生します。こちらでは、紫陽花だけじゃない三室戸寺の魅力と2022年の開園予定の耳より情報をご紹介します。
季節の行事

天龍寺で蓮を見たい|2021年の開花状況と見頃は?蓮を見れる時間と料金は?アクセスも!

天龍寺は、京都市右京区にある臨済宗のお寺です。春の桜や秋の紅葉も見どころですが、夏季の蓮や苔、竹林、深緑が生い茂る光景が必見です。特にこれから蓮の花が咲き乱れます。こちらでは、天龍寺2021年の蓮の開花状況と見頃、蓮を見れる時間と料金、そしてアクセスについてご紹介します。特にアクセスは京都駅前のバス乗り場は沢山ありますから、初めて行かれる人にも分かり易いように書きました。
神社仏閣

上賀茂神社 【新神山号2021】|新しい馬はどこから来た?会えるのはいつ?白馬奏覧神事も!

2021年6月16日に、世界遺産の上賀茂神社で10年にわたって神様につかえてきた馬「神馬(しんめ)」が引退し、7代目に引き継ぐ神事「神馬奉献退任奉告祭」が行われました。 神馬とは、神様だけが乗れる馬のことです。 この記事では、上賀茂神社の神馬交代式と新しい神馬、その役割、白馬奏覧神事についてご紹介します。
神社仏閣

四神相応の地 京都五社巡り|ご利益は?めぐり方は?ふさわしい服装について紹介します。

京都五社巡りとは、桓武天皇をお祀りする「平安神宮」を中心に平安京にゆかりのある五社を巡ることです。 今回は、京都五社巡りの方法とそれぞれの神社のご利益や見どころなどをご紹介します。 パワースポットが集結する京都の中で、更に京都全体に張り巡らされた結界を巡ることで御守護、御利益は倍増すると言われています。
神社仏閣

京都四神相応の地|京都五社巡りとは?2021年に巡ると開運に繋がる理由も!

794年、桓武天皇は平城京から平安京に都を移しました。その時に風水を取り入れました。 風水には、四神相応という考えがあります。 この記事では、四神相応とは何か?京都五社巡りとは?なぜ2021年に京都五社巡りをすると開運に繋がるのか、ということをお伝えします。
神社仏閣

晴明神社 |晴明桔梗と五芒星の謎・ご利益と2021の運命数の「五」

京都 清明神社は、京都市上京区にあります、安倍晴明公をお祀りしている神社です。 晴明神社の境内のあらゆるところに描かれている「晴明桔梗」と呼ばれる星の五芒星には秘められた力があります。 この記事は、京都清明神社2021年、晴明桔梗の意味とご利益、五芒星の力についてお伝えします。
神社仏閣

知恩院へのアクセス方法と駐車場5選!バス・タクシー・徒歩・車!

・京都駅からは、バスでのアクセスが乗り換えがなく、一番簡単です。 ・タクシーは、料金は割高ですが三門の前まで乗せてくれますから歩く距離が一番短くてラクです。 ・阪急「京都河原町」駅から市バス203号系統乗車→知恩院前下車→徒歩5分知恩院 ・阪急「京都河原町」駅から徒歩の場合は円山公園を通り17分で知恩院に着きま す。 ・京阪「祇園四条」駅から徒歩約10分です。
神社仏閣

知恩院で御朱印を頂ける時間と場所は?2021年限定の種類と値段も!

知恩院は京都・東山の華頂山かちょうざんのふもとに鎮座するお寺で、正式名を華頂山知恩教院大谷寺という、浄土宗の総本山です。 三門は日本で一番大きな門で有名です。 今回は、知恩院でのご朱印を頂ける時間などについてお伝えします。 ...
神社仏閣

二条城の御朱印がもらえる(拝受)場所は?受付時間と値段を調べてみた!

二条城は、京都市中京区にあるお城で、江戸時代の始まりと終わりの舞台となりました。 今回は、二条城の御朱印についてお伝えします。 まとめます。 ・二条城の御朱印をもらえる場所が分かる ・御朱印の受付時間が分かる ・御朱印の値段が分かる。...
神社仏閣

京都石清水八幡宮2021!山上駐車場は無料?行き方は?周辺駐車場も!

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、京都府八幡市にある神社です。 日本を代表する素晴らしい神社で、標高120m、京都府八幡市男山丘陵に立地します。 今回の記事では以下のことをまとめました。 ・石清水八幡宮の駐車場は無料かどうかが分...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました