卒業式の袴の着付け方法は?初心者さんにも簡単にできる!

着物

ご存じのように、宝塚音楽学校の正装は、黒紋付に緑の袴ですね。

若いお嬢さんの正装は凛として、お品があり、とても華やかです。

こちらでは、お嬢さんのご卒業の門出に、お母さんがお祝いの気持ちを込めて着せて差し上げる袴の着付けをお伝えします。

帯は半幅帯を使いますから簡単です!

女性の袴は、男性のちょっと複雑な袴の着付けと違い、リボン結びですから少し練習すれば、袴の着付けが初めてのお母さんもできます!

大丈夫です!

そして、お母さんがセットする、お嬢さんのお団子ヘアーハーフアップ動画を添えています

ご参考にして頂ければ嬉しいです。

 

かわせみさん
かわせみさん

お母さんに着せて頂くお嬢さんは幸せだね。

れい
れい

かわせみさん、そうね。

尊敬されること間違いなしね!

 

桜が咲いている 画像

 

スポンサーリンク

卒業式に袴を着る成り立ち

今は、小学生も卒業式に袴を着る時代になりましたね。

袴を女性が着るようになったのは、明治時代からです。

華族女学校の制服として考案されたのが女袴の始まりです。

その後、卒業式に定着しました。

過日、息子の卒業式の時に、各学部の卒業証書授与式で、振袖に袴姿のお嬢さんが檀上に上がられた時、一瞬でその場が華やかになり、凛としたそのお姿はなんともステキな大和撫子さんでした!

生け花

 

スポンサーリンク

卒業式の袴の着付け方法

着物の着丈は短めにして帯は半幅帯を使います。

袴に合わせる着物は、卒業式の式典にふさわしい柄行や色であれば、黒紋付をはじめ、振袖、訪問着や小紋を合わせても構いません。

 

用意するもの

以下5点を用意します。

  1. 着物
  2. 長襦袢
  3. 半幅帯
  4. 草履またはブーツ

袴の着つけ 揃えるもの

肌着などの和装小物

  1. 肌襦袢・裾除け(はだじゅばん・すそよけ)又は和装ワンピース
  2. 足袋(たび)
  3. 補正パット(ほせいぱっと)
  4. 衿芯(えりしん)
  5. 伊達締め(だてじめ)
  6. ウエストベルト
  7. コーリンベルト 2本
  8. 帯板(おびいた)
  9. 着物クリップ2つ
  10. 和装ブラジャー

 

袴の着付け 必要な和装小物

 

バストの豊かな方は、和装ブラジャーを付けることをお勧めします。
豊かなバストが帯の上にドンと乗るのを防げます。
服の場合は真ん中に寄せますが、着物の場合は逆で、両端に寄せてバスト全体を平らにすると、美しい着姿になります!

 

長襦袢と着物の着付けまではこちらをご覧ください。

 

1.まず、袴の着付けのときは、長襦袢と着物を通常より着丈を短く着つけます

着丈はくるぶしより10cmくらい上のところに決めます。

かわせみさん
かわせみさん

どうして?

れい
れい

それは、袴の下から着物や長襦袢が見えないようにですよ。

 

かわせみさん
かわせみさん

なるほどね。

着物の丈と半幅帯の結び方

袴の着付け 着物 を着たところ

2.半幅帯のの長さを60cmに決めて、背中心で止め肩に預ける。

袴の着付け 半幅帯の結び方2-1

袴の着付け 半幅帯の結び方2-2

 

3.前は胸に少しかかるくらいの高さで帯を巻く。

袴の着付け 半幅帯の結び方3

 

4.脇から体の中心で半分に折りあげる。

袴の着付け 半幅帯の結び方4

 

5.片方の手でテの元を持ち、片方の手でタレを持って二度締める。ギュウ!

袴の着付け 半幅帯の結び方5

 

6.肩に預けてたを中心まで持ってきて、下に下ろし体の中心で高めに結ぶ。

袴の着付け 半幅帯の結び方6

 

7.しっかり締める。

袴の着付け 半幅帯の結び方7

 

8.タレ元を広げておく

袴の着付け 半幅帯の結び方8

 

9.肩より少し小さめに羽を取る。

袴の着付け 半幅帯の結び方9

 

10.取った長さと同じ長さを折って行く。

袴の着付け 半幅帯の結び方10

 

れい
れい

同じ方向に折って行きます。

11.背中に持って行き

袴の着付け 半幅帯の結び方11

 

12.肩に預けていたを中央に持って行く。

袴の着付け 半幅帯の結び方12

 

13.羽を包むようにしてを結び目に通す。

袴の着付け 半幅帯の結び方13

 

14.締める前にもう一度左右対称に整える。

袴の着付け 半幅帯の結び方14

 

15.しっかり締める。

袴の着付け 半幅帯の結び方15

 

16.二回目も同じように結び目の下に通し、しっかり締める。

袴の着付け 半幅帯の結び方16

 

17.一番内側の帯にテ先を入れて下から出して、しっかり引っ張る。

袴の着付け 半幅帯の結び方17

 

れい
れい

ここで、テ先をしっかり引っ張ることで、上の羽がぴったり落ち着きます!

 

18.の余りは内側にクルクル巻いて中に入れる。

袴の着付け 半幅帯の結び方18

 

19.しっかりと結び目の下まで持ち上げて土台にする。

袴の着付け 半幅帯の結び方19

20.半幅帯の出来上がりです。

半幅帯23

 

れい
れい

半幅帯までできました。

あと少しですよ!

 

いよいよ袴の着付け

1.袴を下から履いてもらい、帯が1.5cmから3cmにくらいに出る高さに合わせる。

袴の真ん中が体の中心に来るように合わせる。

袴の着付け1

 

2.クリップで中心と両脇を止める(両脇に2つでも良い)

袴の着付け2

 

3.前ヒモを後ろに持って行き、帯の羽にバッテンを掛ける。

袴の着付け3-2

袴6

袴の着付け3-3

 

れい
れい

ばってんをかけたら、そのままヒモをグゥーっと引きながら前に持って行きますよ!

 

4.帯に挟み込んだら、グーっと前に引く。

袴の着付け4

 

5.前ヒモを左胸の前で、左ヒモを上に重ねて

袴の着付け5-1

クリップをはずす。

袴の着付け5-2

6.最初のヒモと同じ高さになるように合わせて左右にグーっと締める。

袴の着付け6

7.帯の羽の下で蝶々結びをする。

袴の着付け7

 

8.袴の前身頃の出来上がり。

袴の着付け8

 

9.袴腰のヘラを着物と帯の間に差し込む

ヘラがついてないものもある、その場合は袴腰を帯の羽に深く差し込む。

袴の着付け9

 

10.袴腰の真ん中を背縫いにまっすぐ合わせてグッと押さえつけてヒモを前に持って行く。

袴の着付け10-1

袴の着付け10-2

 

11.左が上になるように重ねてひと結びする。

袴の着付け11

 

12.左胸の前でしっかり結ぶ。

結んだ後に、片方の手で袴を押さえながら、片方の手で結び目をしっかり引いて、ギュウっと締める。

袴の着付け12

 

13.左の胸で蝶々結びをする。

①右側のヒモを左に向けてたたんで羽を作り、左のヒモで結ぶ。

➁結び目をタテにして蝶々結びをする。

袴の着付け13-2

袴の着付け13-3

 

14.蝶々結び完成

袴の着付け14

 

15.結び目をヒモの長い方でかぶせる。

袴の着付け15-1

袴の着付け15-2

 

16.完成。

袴の着付け16

17.袴の丈

草履のときは、くるぶしの上

ブーツのときは、くるぶしより3~5cm上になる。

袴の着付け17

卒業式の袴の時の寒さ対策と便利グッズ

式典会場は広くて寒い所もありますので、寒がりさんは、長襦袢の下に、ヒートテックシャツ、袴の下にも極暖スパッツを履きショールなどを持って行かれると良いですね。

それと、トイレの時に袴をからげるのに、着付けで使ったクリップを2つ持って行くと便利です。

 

スポンサーリンク

卒業式の袴の結び目の秘密

結びの語源は産霊(むすひ)と言われています。

これは、万物を産み成長させる神秘的で霊妙な力を表しているそうです。

古事記では、その神様が登場されます。

古来の日本では、物の結び目にも神の心が宿っていると考えられていたようです。

 

スポンサーリンク

卒業式の袴の時の髪型2パターン

お母さんがセットしてあげれる、簡単お団子ヘアーです。
巻かなくても大丈夫です。

ストレートヘア崩れない!コテ巻き要らずのお団子ヘア/ミルチャンネル

 

れい
れい

お祝いなのでお生花を付けても華やかになると思います🌷🌸🌹

 

ハーフアップバージョン

[3分でできる!]クルリンパ2つだけの!簡単ハーフアップ/mille channel

 

さあ、出来ました!

いざ、卒業式へ!

袴の着付け 完成イラスト

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、卒業式の袴の着付けについてご紹介しました。

おさらいです。

1.半幅帯を浴衣の時の要領で蝶々結びをする。

2.袴の前身頃を下から履いてもらう。

3.蝶々結びの羽に袴のヒモを交差させて、前に持ってきて左を上にしてしっかり締めて、後ろで蝶々結びでしっかり結ぶ。

4.袴腰(袴の上部分をそう呼ぶ)を蝶々結びの上に、背縫いにまっすぐ合わせて乗せる。

5.左胸の前で蝶々結びをして、結び目を隠す。

6.髪をセットする。

 

お母さんが自ら勉強して、お嬢さんに着付けをして卒業式に送り出す。
こんな幸せなことはありませんね。

私自身も二人の子供を育て、三人の孫育ての手伝いをしておりますが、子育ては、その子にどれだけ関わるか、ではないでしょうか

小さい頃は、抱きしめるなど手をかける、大きくなると見守りながら心をかけること。

そんな積み重ねが親子の絆を強くするような気がします。

卒業式にお母さんに袴を着付けてもらった思い出はお嬢さんにとって素晴らしい宝物になることでしょう!

タイトルとURLをコピーしました