スポンサーリンク
季節の行事

京都【三室戸寺】紫陽花だけじゃない10の魅力と2022年春に開園する新たな見どころも!

京都宇治市の三室戸寺は、全国でも有名な『花の寺』です。紫陽花の名所としても特に名高く「あじさい園」には西洋アジサイはもちろんのこと、額アジサイや柏葉アジサイなど約50種、珍しい七段花の他、2万株の紫陽花が初夏の境内を彩ります。ですが、三室戸寺は紫陽花だけではありません。2022年の春、新たな見どころが誕生します。こちらでは、紫陽花だけじゃない三室戸寺の魅力と2022年の開園予定の耳より情報をご紹介します。
季節の行事

天龍寺で蓮を見たい|2021年の開花状況と見頃は?蓮を見れる時間と料金は?アクセスも!

天龍寺は、京都市右京区にある臨済宗のお寺です。春の桜や秋の紅葉も見どころですが、夏季の蓮や苔、竹林、深緑が生い茂る光景が必見です。特にこれから蓮の花が咲き乱れます。こちらでは、天龍寺2021年の蓮の開花状況と見頃、蓮を見れる時間と料金、そしてアクセスについてご紹介します。特にアクセスは京都駅前のバス乗り場は沢山ありますから、初めて行かれる人にも分かり易いように書きました。
季節の行事

【早朝7時30分から見れる】法金剛院の観蓮会の開催日は?混雑は?アクセスも紹介!

法金剛院は、京都市右京区花園に鎮座する律宗のお寺です。 春は賢門院桜、夏は蓮が有名で「関西花の寺二十五ヵ所」の第13番霊場にも選ばれています。 2021年7月の蓮の開花期には、早朝7時から拝観できる「観蓮会」が開催されます。極楽浄土には、青、黄、赤、白色の大きな蓮の花が咲いているということに因み、4色の蓮の花が法金剛院に集められました。名勝に指定されている回遊式庭園には大賀ハスや即非蓮、王子蓮など約90品種もの蓮が色とりどりに次々と咲き競います。この記事では、一年に一度の法金剛院の早朝「観蓮会」の開催日と受付時間、アクセスについてご紹介します。
季節の行事

大覚寺蓮2021|見ごろは?拝観時間と料金は?アクセスも調べみた!

覚寺は京都市右京区嵯峨(嵐山)にあります、1200年の歴史を誇る、雅な花のお寺です。 大覚寺には京都の蓮の名所「大沢池」があり、約3,000株の蓮の花が咲き誇ります。 池いっぱいに散らばる淡い花は、真夏の京都ならではの景色を楽しむことができ、訪れる人の目を楽しませてくれます。 こちらの記事では、大覚寺の蓮花の見ごろや拝観時間と料金、大覚寺への行き方についてご紹介します。
ドラマ

【コントが始まる】最終回|マクベスの10年とは?見逃しても無料で見れる方法も!

【コントが始まる】2021年6月19日、最終回を迎えました。 このドラマは、コントをするも10年間売れないお笑いトリオの三人がショートコントを繰り広げながら、そのショートコントの伏線を本編で回収していく青春群像劇です。この記事は、【コントが始まる】を見逃しても無料で見れる方法と、感想ネタバレを紹介します。
神社仏閣

上賀茂神社 【新神山号2021】|新しい馬はどこから来た?会えるのはいつ?白馬奏覧神事も!

2021年6月16日に、世界遺産の上賀茂神社で10年にわたって神様につかえてきた馬「神馬(しんめ)」が引退し、7代目に引き継ぐ神事「神馬奉献退任奉告祭」が行われました。 神馬とは、神様だけが乗れる馬のことです。 この記事では、上賀茂神社の神馬交代式と新しい神馬、その役割、白馬奏覧神事についてご紹介します。
季節の行事

三室戸寺2021|ハス園でお花とハス酒を楽しみたい!開催日はいつ?料金は?アクセスも紹介!

京都三室戸寺では、2021年7月10日に「ハス酒を楽しむ会」を開催します。 ハスの葉っぱにお酒を注いで貰い、茎から飲むと健康と長寿の御利益があると言われている、大変、人気のある行事です。この記事では、2021年「ハス酒を楽しむ会」の開催日と参加方法、三室戸寺へのアクセスについてご紹介します。
ドラマ

【コントが始まる】9話|見逃しても無料で見れる方法は?人生に失敗も敗者もない!ネタバレと感想も!

【コントが始まる】9話をリアルタイムで見れなかった方に、見逃しても無料で見れる方法をお伝えします。 【コントが始まる】全話と、70,000本以上の作品を無料で楽しんで頂ける、2週間無料お試しキャンペーンがあります。2週間無料お試し期間内に解約すれば一切の料金はかかりませんので、安心してお試しいただけます!
季節の行事

京都 花手水2021|コロナ禍でも楽しめる7社寺を紹介!手水の由来と社寺の魅力も!

2021年も6月1日から9月30日まで「花と水の京都」キャンペーンが始まりました。手水が使えないこの時期に花を浮かべて楽しむ花手水。昨年好評だった4寺社に、新たに3社寺が加わり、合計7社寺の花手水が開催されます。この記事では、コロナでも楽しめる7社寺と手水の由来、それぞれの神社とお寺について詳しくご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました